FC2ブログ
 
■中の人たち

ななつ
 

まぐぅ


砂糖細工(さとうざいく)

■最新記事

■カテゴリ
■最新コメント
■リンク
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

完全ガードの枚数って?
ななつです、にしずみどの!(こっそりガールズ&パンツァー見てたのは内緒)

今回は完全ガードの枚数について語ってみる。
普通は4枚必須だろ……って人は多いと思うけど、頭を柔らかくして覗いてみてよ。

本文は続きからをクリック!




なんか昔に比べて今のヴァンガードは全体的にVのパワーがおかしくなっているよね。
具体的には大いなる銀狼ガルモール灼熱の獅子ブロンドエイゼルが出たあたりからVのアタックで26kを出すのが普通になり、加えて今ではブレイクライドが登場して30k~40kオーバーが普通と、よりおかしなことになっている。

しかも蒼嵐竜メイルストロームのような強力なヒット時効果持ちや、抹消者ガントレットバスタードラゴンPR♥ISM‐Pラブラドル導きの宝石騎士サロメとクリティカル増加持ちも湧いて出てきている。

だけどそれでもなんだかんだで良い調整にはなっているのはおそらく守護者を含む完全ガードのおかげであると言えるのかも。

だがしかし、だからといって完全ガードを入れすぎるのは考えもの。
その理由はサブクランを使っているヴァンガードファイターならばすぐに理解できるはず。
そう、手札を増やすクランでないと完全ガードはダブつきやすいのだ。

相手の攻撃は16kと18kの残り2回。
しかし手札には完全ガードが2枚……守れないのでライフで受ける! という場面は珍しくない。
場を展開するのに手札を使ってしまうデッキでは完全ガード用のカードを残せないのだ。

あとはR用のG3を使っている場合とかも厳しいね。
例を出すとミラクルビューティー ナイトメアドールありす ストームライダーディアマンテスその他もろもろ。
これらのカードを使っている場合、完全ガードで切るものがなくなってしまいがち。

他にも完全ガードを4枚投入する弊害として、切り返しがしにくいことが挙げられる。
今の環境ではG1ライド時から2~3回アタックするのが普通だったりする。
それもこれもケイ互換……抹消者デモリッションドラゴン小さな解放者マロンとかのせいなのだが、パワーが6000のG1を多めに投入しているとこいつらを叩けないのだ。
放置しておくとG3になった時にはダメージ5でどうにもならない! って状況に陥ってしまうのが今の環境の恐ろしいところだもんね。
そこでパワーが7000のG1を多めに投入していると、こいつらを始末しやすくなるかもよ?

まー、何が言いたいかっていうと完全ガードは4枚必須という考え方にとらわれるなって事。
ぶっちゃけ手札を稼ぐクランですらアタッカーを増やすために減らしたって構わないだろう。

極端な話、2枚でも来るときは来るし4枚でも来ない時はこないからね。
せっかく自由にデッキを組めるのがカードゲームの楽しいところなんだから、変な固定概念は捨てたほうが楽しいと思うんだ!



べ、別に完全ガードが足りへんから悔しくてこんな記事書いたとかそんなんちゃうで? ホントやで?
スポンサーサイト



テーマ:カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル:ゲーム

考察 | 04:58:56 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する