FC2ブログ
 
■中の人たち

ななつ
 

まぐぅ


砂糖細工(さとうざいく)

■最新記事

■カテゴリ
■最新コメント

■リンク
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【クルーエル・ドラゴン】に秘められた力を解き放て


ゲームでこのシーンやった時はおおおおお!!ってなりました。
higurasi


みりっほー!砂糖細工です!

今日の話題はかげろう!

続きへどうぞ!


かげろうの話って書いたけど【ドーントレスドミネイト・ドラゴン“Я”】の話じゃないよ、あしからず。


今日書くのは発売が徐々に迫ってきた創世の竜神【クルーエル・ドラゴン】!!


このカードのテキストを見たときにはなんていうか胸が躍ったよね。
今までのG3自体がスペリオルライド能力を持ったユニットって、ライドしたらそのままバニラってことが多かったし。

それに比べてこのユニットはちゃんと仕事がある。
これはとても素敵なことだよ。


ということでまずはスペリオルライド能力を詳しく見て行こう。

・自身が持つ起動効果である。
・ヴァンガードをレストするという独特のコストを持つ。
・条件はかげろうらしく相手リアガードがドロップに置かれているなら、というもの。
・なぜかライドしたターンは8000になる。

こんな所だろうか。

まず1つ目の起動効果はどういう意味があるのか?という部分だけど

起動効果ということはコストが払えるならばメインフェイズ中ならいつ使ってもいいということ。
そのコストは手札のこのユニットを公開し、かげろうのG2以上のヴァンガードを選びレストする、というもの。

そしてこの起動効果を使用する条件としてかげろうらしく、相手リアガードがこのターンのメインフェイズにドロップに置かれていなければならない。
ぱっと見ただけだと、退却時に効果を使うように見えるけど、実際はそうじゃない。

そのターン中のメインフェイズにドロップに置かれていればコストを払って起動することができる。
なので同じブースターの【ヌーベルクリティック】の効果で相手リアガードを退却、同じく収録される【ヌーベルロマン】の効果でデッキからこのユニットを手札に加えてスペリオルライド、なんてことが出来る。
これは覚えておこう。

ただし、そういった少し条件が変則的な影響かスペリオルライドしたターンのパワーは-3000され、8000になってしまう。
後攻だと単体で相手ヴァンガードにヒットさせるのは難しくなるのでブースト要因は必須。

幸運なことにかげろうには【コンロー】がいるので案外なんとでもなるだろう。


ただ何が難しいって相変わらずのことなんだけど、G2のタイミングで相手リアガードを退却させることがやはり厳しい。
まず基本的にはこのユニットを手札に持ち、さらに退却効果持ちを持つ。

その上から退却に使用できるCBの確保と退却先のユニットを確保しなければならない。

かげろうでG2以下でメインフェイズ時に退却効果を使用できるのは

・バーサークドラゴン
・ガトリングクロー
・キンナラ
・コーデュロイ
・テリークロス
・クリティック

の6種類。

このうち、【バーサーク】は安定した退却が行えるのでデッキに投入しやすいが、CB2が場合によってはもらえていないことも多い。
G2であるため、ライドに使用してしまうと効果が使えないのも苦しい。

【ガトリングクロー】【キンナラ】はCBこそ1で済むものの退却先のグレードに指定があるため、相手によっては使えないことがある。
たとえばFVしかいない時に【キンナラ】を引いても使えないし、【ガトリングクロー】は相手のFVが移動していないor効果で既にいない等で使えなくなってしまう。

【コーデュロイ】【テリークロス】はグレードを問わず安定した退却を行えるが、CBに【封竜】を指定しているのでデッキをある程度寄せる必要がある。
使用するCBは1なので名称に固める必要がないのに、早いターンに封竜がダメージに落ちるようにするにはだいぶ固める必要が出てくるというジレンマを抱える。

【クリティック】は軽いCB、名称を必要としない、グレードも問わないと条件はとても満たしやすいが手札に【ヌーベルバーグ】を持っている必要があるため、必要な手札が増えてしまう。

どのユニットも一長一短のため、安定したスペリオルライドが狙えるとは言いにくい。
言うなれば手札にある必要のない【テリークロス】が退却させるためのユニット確保が確定しているので一番使いやすい。

ただし、その場合はかげろうの安定の肝である【コンロー】が採用できなくなるので注意したい。


個人的にはやはり同ブースターで出る【ヌーベル】と組み合わせることをオススメ。
1ターン早いライドが出来ればその分、【ヌーベルバーグ】も早くなるので一石二鳥。


そしてG2以上にライドできるので、【ドーントレス・ドライブ】に無理矢理ライドして2回アタックすることも可能。
ただし、その場合パワーは-3000されてしまうので力不足は否めない感じになってしまうので本当にどうしようもなさそうな時だけにしておいたほうがいいかもしれない。



ではでは次にLB能力。
能力そのものは非常にシンプルで、アタック時にCB1,SB1で相手のG2以下のユニットを1体退却させるというもの。

CB1SB1で【バーサーク】効果と思えば非常に軽い。

惜しむらくはアタック時の効果であること。
これ起動効果でもよかったんじゃないかな……。

コストが軽いので継続的に使用できるとは言え、クロスライドユニットでもないので今の高パワー環境において何ターン効果が使えるのかが非常に怪しい。
加えてパワーがあがらないのが地味に響いてくる。

これはもうかげろう永遠の命題なのかもしれない。

似たような退却を行えて、かつ環境にいる【カオスブレイカー】もパワーがあがらないとはいえ、圧倒的防衛力による持久戦が出来るからこそ環境にいるのでこのユニットが環境に入れるか、というと少し厳しい気がする。



とはいえそこはかげろう、リアガードの優秀さでサポートしていけるので諦めるのはまだ早い。
ライド事故軽減能力はピカイチなのでそこを活かして安定したライドからの相手退却でじわじわと追い詰めてやろう。


ということで今日はここまで!
みりおっつー!


【関連記事】
コレは次弾でまた新名称が来るフラグか!? もしくはついに公式で混成デッキ推しが来る!? ※そう信じないとやってられないだけです
ヴァンガードのコミック7巻の特典カードについて色々と。 これはやつの規制が解かれる可能性が……あるといいな!
【カオスブレイカーが苦手な人向け?】アイツに対してやってやれなくはないデッキまとめ
かげろうの”Я”はドーントレスじゃないっぽい? こう、創世の竜神的な意味で。
スポンサーサイト



テーマ:カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル:ゲーム

かげろう | 22:00:00 | コメント(4)
コメント
初めてコメントさして頂きます。
ブログ毎回楽しみに見ています。
クルーエルはどちらかというとSBのコストの方が不足しそうですね。かげろうにはCBを使わずにソウルに入るのは引トリガーのアートピケ位ですからね。私は組む予定ではありますが中々構築に悩まされそうです( ̄ー ̄)
2013-11-09 土 23:04:34 | URL | カイ [編集]
めんながs……嘘だッ!
ドーンと合わせると2体除去とかつよい(確信)
2013-11-10 日 00:03:41 | URL | [編集]
かげろう予約してきました(2つほど)
クルちゃん強いですね!なので引ければいいんですが引き運が(;´д`)今回は外れ枠との差が凄いし
今から楽しみです(* ̄∇ ̄)ノ
2013-11-10 日 00:03:48 | URL | ポン [編集]
コメント返し。
>カイさん
お初コメントありがとうございますー。
そうですね、書き忘れてましたが使った感じSBが足りないことが多々……。
CBも使う関係上、キンナラやガトリングではコスト確保とは言いづらいのです。
こいつらそもそもRから消えちゃいますしね……。
クルーエルはこれが正解、という構築がなく幅広い構築が出来るユニットだと思うので自慢のデッキを頑張って作りましょう!


>名無しさん
ドーントと合わせてCB2SB2で2体退却だやったー!!
ECB2でG2を焼いてパワーあがるブロケードを越えられるかどうかが非常に怪しい……。
退却のタイミングがやはりLBとかみ合ってない感じ。


>ポンさん
今回封入どうなってるんでしょうね、従来どおり1箱にRRR1枚だと相当集めにくいことに……。
は、ハズレ枠なんてな、ないし(ガクブル
2013-11-11 月 01:30:51 | URL | 砂糖細工 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する