■中の人たち

ななつ
 

まぐぅ


砂糖細工(さとうざいく)

■最新記事

■カテゴリ
■最新コメント
■リンク
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【決闘龍】についての雑記とかそんなの! 長い沈黙から目覚めた軸――どう扱えばいいのかな!? 


言葉に出すのと書くのでは違うよなって思う人、ななつです。
 

だんぼうる

 
今回の記事は【決闘龍】について!


とりあえず本文は続きから!





 
 
 
 
 
 
先日にテクニカルブースターの”The GENIUS STRATEGY”が発売されているね!

みんなたちはどのクラン、どのデッキで遊んでいるかな!?

今回の記事では新規で名称化した【決闘龍】についてちらほら!





■【決闘龍】



基本の《V》はこれですねー。

むしろZANBAKUになってしまうと、特に何がしたいのかよくわからん状況に!?

なにがなんでも、気合でZANGEKIになりましょう。

どっちも複数枚が必須なので、2種を4枚ガッツリいれて動かすのが基本か。 
 
下手に2~3枚とかにすると、ダメージ落ちするのが目に見えてる!?






■擬似ハンデス



【決闘龍】が利点。

これを使っていかないと、このデッキのメリットが薄くなるですね。

とはいえ結構コストが厳しいぞ!?

使える時には使って、無理なら使わないのが一番ですねー。

相手の殴り方やトリガーの引きが上手いとカウンターコストを貰えないままこちらのターンになってしまうので、よく考えて使わないと結果的に悪手になる事も。

とりあえず☆が増加する《V》が存在して、かつ☆トリガーが多いデッキだと涙目になりがちなので、あえて使っていかないのもアリでしょう。

うーむ、せめて《R》でのZANGEKIのスキルがノーコストだったらなぁ。

【オーバーロード】のような《V》スタンド系が相手なら、優先して使っていくのもアリだろうけどね!

ちなみにカードゲーマーには『ネクステージへの対抗手段として役立ちそう』って書いてあったけど、ユニット切り替わってるから意味ない……よな?

 

 


■攻め手


攻撃面ではバニラな以上、基本は超越で戦うしかないですね!?

選択肢としては――



ヤスイエテンマを狙う




ほむほむする




シバラク先生で戦う


上記のどれかをフィニッシャーとして扱う感じですが、シバラックバスターメインが相性いいかと思う。

《V》の分身体をスキルで減らしていくので、ヤスイエは相性が悪い面も出るですし。

あとほむほむはカウンターブラスト的に無理がががが。





G4シラユキで《R》にZANGEKIを出して、スキルでZANBAKUに変換――と行えば自然にソウルが貯まるのがいいよね!

サポートやトリガーなども絡めると2回、あわよくば3回も撃つソウルが確保できるでしょうよ!

デッキからグレード3を一気に引き抜いてのツインドライブ&トリプルドライブなので、トリガーの期待値も高いぞ!

何度か対戦して『ああ……これ3回目いけるわ……』と思って――


20160730070156181.jpeg


ちょっと奮発してSGRを買ってきたぞ! 2400円なら悪くないかなって!

まぁ、メガコロニーのよりは気が楽だからいいよね。



とりあえずシバラク3枚、シラユキ2枚。

そこからあわよくばのテンマ、ほむほむ、カガミジシ――という感じで埋めていけば丸いはず。




あと重要なのはオニビブレーダーか。

簡易に後衛アタックできるという点では、なにかと可能性を見いだせるのが助かる。

僅かながらではあるがパンプだけ目的に使うのも悪くはないし、リンクジョーカーに前衛を呪縛された時の突破口にも。





Gガーディアンはスクリューが2枚欲しいね!

なにかと盤面を開けやすいので、ファントムブラスター相手にした場合に2枚ないと死ぬ事が多い!?

圧縮からのツインドライブ&トリプルドライブなので、思ってるよりヒールトリガーは手札に加えやすいのは助かる。

言わずもがなで手札めっちゃ使うけど、死ぬよりはマシだろう。




 



■グレード2について




やったぜ、カウンターブラスト1枚でブンシンが出来る!



(カウンターブラスト足りねぇって)



あと中盤でG4シラユキ、終盤でシバラックバスターが確実に前衛を用意してくれるというのもありまして。

つまりはセットで盤面を揃えにくいですね、これ!? 割とマジで出番がない!?

後衛アタックを活かそうにも、そこでまたカウンターブラストが必要になるですし。

そんなわけで、いらんだろって思いました。

マジでブンシンしてる余裕ないって、してもいいけど、シバラク先生やZANGEKIのスキル使えんって。




素で11000アタッカーとして使えるこっちだけを使うのはアリですね。

18000ラインを簡易に作れるので便利ですし、相手が勝手に『16000アタッカーになるのか、厄介だな!』とか言って無駄に攻撃してくれる囮役にも。




わりと重要だと思ったのはこれだね!

シバラックバスターで5回分のドライブチェックを行えるので、そこそこのパワーでガード強要できるぞ!

上手くコストを回復して、継続的に擬似ハンデスを狙っていくのだ。

ヒット時効果なので安定はしないけれど、防いでくれたらそれはそれで役目を果たしてるですし。




単騎で《V》を叩けるシリーズ、これも結構大事ですな。
 
最悪はオニビブレーダーから出して14000にするという手もある。

やったぜ、後衛7000で21000を超えるぞ!

後列からのアタック? なんだそれは。

後述するけど、11000ではなく”12000”という数値が重要にもなってくるのが素敵なポイント。








原作ネタでここらも入れたい……が、使い勝手的には微妙な線ですね。

使うならFUSHIMIさんやろか。

FV叩けるの地味に便利ですし、相手によっては序盤でカウンターブラスト与えない事もメリットになる。




というかグレード2の枠は、Gユニットが前衛を用意してくれるので少な目でいいかなとも思うんだが。

ホワイトメイン4枚、トクベエ4枚とかでいいんじゃないかって思ってきた。

……ライド事故は知らん。




■グレード1について



これが非常に重要ですね!

G4シラユキ、もしくはシバラックバスターなど、《V》と同名のカードが盤面に揃うので狙えるタイミングは多い。

そこでコレを出し、すかさずデッキ圧縮を行いましょう。

トリガー率が高まるし、そのままソウルに入れて追撃にシバラックを撃つ可能性を高められる!

ZANBAKUになってしまった時も、これでサーチしてきたら再ライドも狙えるですねー。

特に《V》に名称指定はないので、条件さえ整っていたらライド事故回避にもつながる。

なんやかんやで【決闘龍】の最重要パーツだと思います。

これ以外に何もできないのがちょっと歯がゆいけど。





あわよくばの後衛アタックスキル付加、地味にパンプもお強い。

コストが余ってたら使う――という感覚でいいんじゃないかなって思います。

自身を含め、適当なブースターを9000に出来るのがポイントだね!

前衛に12000アタッカーがいたら21000ラインに出来るので、終盤にこのラインを作れたら結構便利。

初撃ツインドライブ、《V》をトリプルドライブ、追撃を21000オーバーライン――と繋げられたらそこそこ強いぞ。

もちろんいざという時には全面から殴りまくりましょう。

単騎9000でも《R》は叩けたりするので、パンプも良い感じになるようにふってやれ!




あとはカウンターチャージタイプの完全ガードGと、ストライドサポートだろね。

基本は超越で戦うデザインなので後者は必須か。

回るとデッキからグレード3がどんどん消えていくので、その点でも必要になるぞ。







■トリガー



これ欲しいなーって思いました。

ソウルを貯められるし、カウンターコストを用意出来るし。

完全にアド損ですが、これがあればマジでシバラク3発目も狙える! それまでに落とせ!? ほら! ぐだる時あるだろ!



同じ目的ではこっちもあるんですが、ちょっと安定しないので個人的には優先度低い。

メインフェイズに撃てないのも困る事が多いですし。







お次に悩むのはドロートリガー。

ブンシンが出来ても手札は増えにくいので、安定の為に欲しくはある。

序盤で引けると、あわよくばZANGEKIにもライドしやすくなるかもですし。

引いちゃった分は盤面に出して5000ブーストとして使うのもいいだろう。

シバラク先生が前衛に11000アタッカーを用意し続けるので、特に攻撃面では困らんぞ。

ただしこれを採用すると、どうしても火力が低くなる事が弱点ですなー。

デッキ圧縮からの5回ドライブチェックで☆を引いた方が話は早いので、ここらは考え方次第。





あとはソウルを増加出来るコイツは必須だね!

前衛11000アタッカー&後衛7000で21000に出来るので、勝負時に使うとお強いぞ。





【ヤスイエ】に頼る機会があればこれも採用しておいて良いかもね!

むしろ効果使わずにヤスイエになるだけなって、効果でソウル貯めながらドローしにいくのも手かもしれない。

なんかごくまれに、シラユキになる必要が無い時とかあるしな!?

ただし11000アタッカーが多いので、いざという時に裏に配置して16000を作れるメリットはバニラにもあるので要相談。






■FV

 
なんかしっくり来るのがないですね!?

シバラク先生を攻め手にするとソウルブラストする系は使えない……というかソウルに入って欲しい!



言うなればこれか。

そもそもZANGEKIにならないと話にならないですし。

ライド事故や超越事故も回避する安定の一手。

カウンターブラストが気になるが、事故るよりはマシか。

あとはホワイトメインで何とかしよう。





シバラク先生の効果を付加した《R》はガードされやすいので、新規FVも相性はいいと思うけど。

あわよくばテンマに繋げられるし。






■VSかげろう





まじディナイアルなんやねん!?

攻め手のシバラク先生が完全に封殺されるので、非常に相性が悪いですな。

必ずしも持っているという訳ではないですが、精神的にはやっぱ辛いっす。

こいつさえいなければ、もう少しむらくも全体の評価が高かったものを! ぐぬぬ。



  



【まとめ】


デッキからグレード3がどんどん抜けていくのはなかなか楽しいですねー。

G4シラユキで3枚、シバラックで1枚、あとはサポートを引いた分だけ消えていく!?

非常にトリガー率が高まって素敵な感じ、地味ながらもシバラクがトリガーとかを戻せるのもポイントだったりね!

それだけ圧縮した上でドライブチェックを2回+3回を繰り返していけば、けっこう強いよね!

超越に困りそうなイメージがあるが、G4シラユキからのZANGEKIでZANBAKUを回収出来るし、シバラックバスターの5枚ドライブでストライドサポートも引き当てやすいし。


ただ上記の通り、思っていたよりもグレード2のサポートが微妙かなって感じました。

カウンターブラスト面でブンシンがまじでしにくい! シバラク先生のスぺコでセットで盤面にそろえにくい!

ほぼバニラになってたので、だったら12000アタッカーやベリコ互換の方が良いよなって。


あとは最大の弱点が”Gレギュで使えない”という仕様か、目前に迫った名古屋大会で使えないぞ。

いやー、一応は《V》が【決闘龍】という点を活かせばいけるかー?

それこそ逆にウルフやファングを使っていくスタイル、《R》を【ヤスイエ】サポートで束ねるスタイル。

ただ名称グレード3が4枚しかない事になるので、安定はしないものの可能性としてはアリ……かもしれない!? 実際は知らん!

下手に混ぜると【ヤスイエ】の邪魔しそうだが、はたして。

さて、みんなたちはどんな風に【決闘龍】を扱っているかな!?

とりあえず今回はこんなところで、ななつの提供でお送りしましたー!











【おまけ】


・ZANBAKU

・ZANGEKI


 

(パッと見、どっちがどっちかわかんねぇ)



書いててごっちゃになるんだが。




”関連商品”





 

アニメで使ってくれねぇかな。


”関連記事”
 
【決闘龍王 ZANGEKI】について色々と! 復活の決闘龍――相変わらず嫌がらせがお好きなご様子!? 

【忍獣 スタッブファング】【忍獣 スライサーウルフ】について色々と! 【決闘龍】を補佐する対が2枚――つ、対? 
スポンサーサイト

テーマ:カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル:ゲーム

むらくも | 08:00:00 | コメント(3)
コメント
地味なんですよね
能力自体は独特で良いんですが対戦してみると、ふーん、みたいな

高速環境もある程度収まりましたし、継続的なハンデスは強いはずなのに…
ヴァンガードってあらゆる攻撃がハンデスになるので、一枚ハンデスくらいなら攻めを重視した方が結局手札奪えますし

2016-07-30 土 21:09:14 | URL | [編集]
ZANBAKUのリバイバルレギオンがよかった
2016-07-30 土 22:52:06 | URL | [編集]
グレ2枠に フジノを入れるのは結構アリと思います。
2016-07-31 日 00:21:51 | URL | デスレックスU-To [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad